ディズニー映画のキャラクターになった実在の人物一覧

tom

ディズニー映画のキャラクターの中には絵本や小説の登場人物をモデルにしたものが多いが、それ以外にも実在する人物をモデルにしている場合もある。特にディズニーは一昔前まではアニメ映画を撮る前に一度実写版で全てのシーンを撮影するという作業をしていたために、実写からキャラクターのイメージを確立させていくような手法を取っていたとも言われている。また、アニメの技術が発達し、映画制作の手法が変わっていった後でも様々なディズニーキャラクターが実在する人物を基に制作されている。ではどんなキャラクターがそれに当たるのか見てみよう。



スポンサーリンク


マージ・チャンピオン>白雪姫

model

ディズニーの初代プリンセスといえば白雪姫。そのキャラクターモデルとしてディズニーに抜擢されたのがダンサーだったマージ・チャンピオン。ディズニーは彼女のダンスの動きなどを基にして白雪姫を完成させた。その後もマージ・チャンピオンはピノキオの妖精、ロビン・フッドのマリアンなどのモデルになった。

ベラ・ルゴシ>ファンタジアのチェルナボーグ

model2

人気映画「ファンタジア」の悪役チェルナボーグはハンガリー系アメリカ人俳優ベラ・ルゴシが基になっている。映画ではホラー系に出演することが多く、フランケインシュタインやモンスター役で有名。

トム・クルーズ>アラジン

tom

もともと「バックトゥーザフューチャー」で主演したマイケル・J・フォックスがモデルになるはずだったのが急遽トム・クルーズに変更。アラジンが腰に手をあてる姿などトム・クルーズにそっくり。

ロビン・ウィリアムズ>ジーニー

ginie

アラジンに登場するランプの魔人ジーニーはコメディー俳優のロビン・ウィリアムズがモデル。ロビン・ウィリアムズは声優としてもジーニー役で出演しており、動きや喋り方も完璧に再現されている。

エレノア・オードリー>マレフィセント

model3

「眠れる森の美女」の悪役であり、映画「マレフィセント」で主役になったダークな妖精は声優のエレノア・オードリーが基になっている。

ビートルズ>ジャングルブックのハゲワシ

beatle

ビートルズのマネージャーの要望により、ジャングルブックのハゲワシたちがビートルズのメンバーのような髪型に仕上げられた。しかしジョン・レノンはこの企画に乗り気じゃなかったとも言われている。

アイリーン・ベダード>ポカホンタス

pokahon

ポカホンタスのストーリーは実在するインディアンの女性を基にしているが、外見のイメージは米女優アイリーン・ベダードをモデルにしている。アイリーン・ベダードはポカホンタス役として映画でも声優も務めている。ただ、歌のシーンだけは別の女性が声優を務めたという。

ディヴァイン>リトルマーメイドのアースラ

ursula

米の 元祖オネエ系俳優・歌手ともいえるディヴァインがリトルマーメイドのアースラのモデル。ちなみにディヴァインはリトルマーメイドの製作期間中の1988年に亡くなった。

シェリ・ストーナー>美女と野獣のベル

model7

大ヒットディズニー映画「美女と野獣」のヒロイン、ベルのキャラクター制作においてインスピレーションを与えたのは女優&脚本家のシェリ・ストーナー。特に髪型などが細かく再現された。

アリッサ・ミラノ>リトルマーメイドのアリエル

alissa

イタリア系アメリカ人の歌手、女優のアリッサ・ミラノがリトルマーメイドのアリエルのモデル。特に体つきの特徴をよく掴んでいる。ちなみにアリッサ・ミラノは映画『コマンドー』でアーノルド・シュワルツェネッガーの娘役を演じた。