ディズニー映画に登場する秘密のコード「A113」とは? | ディズニーの秘密

ディズニー映画に登場する秘密のコード「A113」とは?

a113

ディズニー映画には細かなシーンに数々の秘密のメッセージが隠されていることをご存じだろうか。今回紹介するのは秘密のコード「A113」。なんとこれまでディズニーの10作品以上にこのコードが何気なく登場しているのだ。そこに隠された意味とは?

ディズニーピクサーの秘密のコードとは

ふとしたところに出てくる暗号「A113」。一見なんの意味もなさそうなコードも偶然にディズニー映画に度々登場しているわけではない。例えば「ウォーリー」に出てくるこのシーン。ウォーリーが宇宙船で使ったコードナンバーである。

a113_8

続いて「トイストーリー」のワンシーン。持ち主のアンディーの母親が運転する車のナンバープレートも同じ番号。

a113_1

「レミーのおいしいレストラン」でネズミの耳につけられた番号も「A113」。

a113_7

シンプソンが捕まったときの受刑者番号も「A113」。

a113_17

これで偶然じゃないことは分かったはず。さて、「A113」の意味を暴露する前に以下の映画のシーンでもそれぞれの画像に「A113」が潜んでいるので、ぜひ探してみよう。あなたは何個見つけられるだろうか。

1、リロ・アンド・スティッチ

shiutsmon6

2、プリンセスと魔法のキス

shitusmon7

3、モンスターズ・ユニバーシティ

shitusmon5

4、カーズ2

shitusmon4

5、カーズ2

shitsumon4

6、カーズ

shitsumon3

7、バグズ・ライフ

shitusmon

8、ファインディング・ニモ

shitusmon2

9、アベンジャーズ

shiutsmon8

答えはこちら。

a113_14a113_16
a113_13a113_11
a113_10a113_5
a113_2a113_3
kotae

A113の意味

さて、「A113」の意味だが、これら全ての映画はディズニーの子会社ピクサーの作品であるというのがポイントである。この暗号は実はピクサーの起源といってもいい数字なのである。

というのも、1986年2月3日に設立されたピクサーで後に活躍するクリエイターたちの多くは米カリフォルニア州にあるアートスクール「California Institute of the Arts カリフォルニア芸術大学」の出身で、彼らが在学中に通っていた教室が「A113」だったのだ。つまり「A113組」という意味なのである。

「A113組」は同大学でグラフィックデザイン&アニメーションキャラクター学部が発足した初めての年に使われた記念すべきクラスルーム。その場所に強い愛着があるのか、あるいは当時の仲間に敬意を表してか、現在でもピクサーのクリエイターたちはアニメの中にクラスの番号を刻み込んでいたのだ。

次からピクサーの映画を見るときはぜひ、この番号を探しながら見てみよう。きっとオモシロさが倍増するはずだ。

a113_19

スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
未分類
ディズニーの秘密