2017/10/25

映画リトル・マーメイドの5つのトリビアと隠れキャラ

mermaid

1989年に公開された「リトル・マーメイド」の内容をあまり覚えていないという人も少なくないはず。人魚姫が人間の王子様に恋をする、といった大まかなストーリーは覚えていても、細かいシーンにいろいろなディズニー映画のキャラが登場していたことまではおそらく知らないだろう。もう一度見直す前に、ぜひここで「リトル・マーメイド」の秘密を見ておこう。

スポンサーリンク

1、アースラの契約書

little-mermaid

海の魔女アースラが人魚姫アリエルと交わした「賭け」の契約書には一体なにが書いてあったのだろうか。実はこれ英語のようでアルファベットがランダムに並んでいて意味をなしていない架空の言語である。

しかしその中に誰もが知っている絵が描いてあるのが分かるだろうか。そう、ミッキーマウス。こんなところにもミッキーが登場していたのである。

2、あのキャラクターの友情出演

little-mermaid-2

物語の冒頭で、父王トリトンが登場する際、画面左隅にミッキーとグーフィーの二人が群集に混ざっている。

3、シンデレラのあのキャラが

little-mermaid-easter-

王子様の結婚式のシーンにシンデレラに登場する国王と大公の姿がある。ディズニー映画では別の物語の王様や女王様同士が親戚だったり、友人だったりすることがよくあるが、リトル・マーメイドも例外ではなかった。ちなみにシンデレラのときの国王と大公の二人はこんなだった。

duke3

4、有名な絵画

little-mermai4

アエリエルが興味深そうに眺めているこの絵画、実はフラン人画家ジョルジュ・ド・ラ・トゥールの代表作 Magdalene With The Smoking Flame ゆれる炎のあるマグダラのマリア」。

ディズニー映画では世界の有名絵画とのコラボも決して珍しくなく、「アナと雪の女王」でもフランスを代表する画家ジャン・オノレ・フラゴナールの代表作「ぶらんこ」が登場した。

5、カーロッタのモチーフはあのキャラクター

caroll

王子エリックの王国で働く太ったおばさんカーロッタは、シンデレラをモチーフにしたものだと考えられている。エプロンや頭巾の感じはそのまま。違うところといえば二人の体のサイズだろう。

>>リトル・マーメイドシリーズはU-NEXTで視聴できます

関連記事

リトル・マーメイドの英語の名セリフ&名言

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう