2017/07/23

トイ・ストーリー3に隠された8つのトリビア

TOY STORY 3

トイ・ストーリー3はシリーズ最高傑作といっても過言ではない、笑いあり、涙のありの超大作。そんな映画にディズニー・ピクサーが謎や秘密をばら撒いていないはずはない。あなたの知らない トイ・ストーリー3のトリビアをここに一挙公開する。

スポンサーリンク

1、トイ・ストーリー1に出演したシド・フィリップスが登場していた

sid

トイ・ストーリー・シリーズの悪役といえばオモチャをぞんざいに扱う少年シド・フィリップス。実は彼がトイ・ストーリー3でカムバックしていた。それも役柄はゴミ収集車で働く作業員だ。年齢こそ変わっても、お気に入りのTシャツはそのまま。

sid3

2、ファインディング・ニモのエイ先生がいる

jwmo1

託児施設にいるたくさんのおもちゃの中にファインディング・ニモのエイ先生が棚にいるのが分かる。イルカやクジラといったオモチャたちとちゃっかり同じ棚に乗っているのが面白い。

3、トトロが出演

totoro

ポテトヘッド夫妻などと一緒にトトロが登場。実はディズニー・ピクサーとジブリは長い付き合いがあり、アニメ出演ならということで特別にジブリが許可を出したという。

4、おもちゃの持ち主であるアンディの部屋にカーズのスノットロッドのポスターが

car

見逃してしまいがちな壁のポスターにはたくさんの秘密のメッセージが。そのうちの一つがカーズのスノットロッド。アンディもきっと車が大好きなのだろう。

5、バズ・ライトイヤーの背中にはウォーリーの社名が

walle

ウォーリーに出てくる大企業「Buy N. Large」の単三電池がバズ・ライトイヤーに使用されていた。これもよく見ないと見逃してしまいそうな難易度の高いトリビアだ。

6、ロッツォ・ハグベアは実は「カールじいさんの空飛ぶ家」のキャラクターだった

toy-story-3-lotso-up

抱きつくのが大好きというロッツォ・ハグベアは「カールじいさんの空飛ぶ家」でちょこっと登場したぬいぐるみ。トイ・ストーリー3ではセリフもたくさんあり、存在感も十分だった。

7、アンディのお母さんの車のナンバープレートは「A113」

andy

「A113」はディズニー・ピクサーにおいて暗号な数字。それに隠された意味は「ディズニー映画に登場する秘密のコード「A113」とは?」を参照。

8、アンディのお母さんはトイ・ストーリー2のエミリーだった

andys-mom

息子におもちゃを片付けるように言うアンディのお母さんは実はトイ・ストーリー2に出てくるジェシーの持ち主であるエミリー。ジェシーといえばお転婆の人形。以下の写真のカウボーイハットに注目してもらいたい。

jessie

なんと同じハットをトイ・ストーリー3でアンディがかぶっているのだ。

jessie2

このハットは実はトイ・ストーリー2でも登場している。ベッドの上に置いてあるハットがそれだ。そう、これはエミリーのハットなのである。

jessi4

その大事なハットをエミリーは自分の息子にプレゼントしたのだった。

トイ・ストーリー4のあらすじとメインキャラクターが分かったよ

トイ・ストーリー 謎の恐竜ワールドの5つのトリビア&隠れキャラ

トイ・ストーリー4のあらすじ、キャラクターは全く別物になるらしい

トイ・ストーリー2の隠れキャラ&トリビア

トイ・ストーリーをもう一度見たくなる5つの裏話

トイ・ストーリーの英語の名言、名セリフ

トイ・ストーリー3の英語の名言、名セリフ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう