2017/03/31

リメンバー・ミーの出演キャスト一覧

「死者の日」に伝わるエピソードを基にしたディズニーピクサーアニメ「リメンバー・ミー」が予告動画公開から早くも大きな注目を集めている。そこで本作に出演する声優キャストを紹介する。

スポンサーリンク

1、ミゲル・リヴェラ/アンソニー・ゴンザレス

本作の主人公はギター少年のミゲル。彼の家系ではギターを弾くことは禁止されていて、ミゲルは自分のやりたいことを思うようにできない日々を送っている。

そんなミゲルを演じるのは、新人俳優のアンソニー・ゴンサレス。その名前からしてもヒスパニック系であることが分かるが詳細は不明。俳優としての活動は、2016年公開のショートフィルム「Icebox」のみで、まだまだこれからが期待の子役だ。

2、ヘクター/ガエル・ガルシア・ベルナル

死者の国でミゲルと行動を共にするのがペテン師のスケルトン、へクター。彼はミゲルと一緒に伝説のミュージシャン、アーネスト・デ・ラ・クルズを探しに行く。

そんなへクターを演じるのはメキシコを代表する人気俳優、ガエル・ガルシア・ベルナル。これまで「バベル」、「アモーレス・ペロス」などの話題作に出演し、米ドラマ「モーツァルト・イン・ザ・ジャングル」でも主演を果たしている世界的な俳優だ。

ちなみにガエル・ガルシア・ベルナルは本作のオリジナル版とスペイン語吹き替え版の両方を担当する。

3、アーネスト・デ・ラ・クルズ/ベンジャミン・ブラット

伝説の歌手であり、ミゲルが憧れるスーパースターといえばアーネスト・デ・ラ・クルズ。ミゲルが彼のようになりたいと夢を描くばかりに墓を訪れ、ギターを触ってしまったことから物語は急展開になる。アーネスト・デ・ラ・クルズの正体は一体誰なのか、というのが本作のひとつのキーポイントになっている。

そんなアーネスト・デ・ラ・クルズを演じるのは、ペルー人の血を引くアメリカ人俳優ベンジャミン・ブラット。その風貌からインディアンやメキシコ人役をやることが多く、これまでに「トラフィック」、「激流」、「コレラの時代の愛」などの話題作に出演している。

アニメの吹き替えは「怪盗グルーのミニオン危機一発」や「くもりときどきミートボール」でも経験済みだ。

4、アブエリータ/レニー・ヴィクター

ミゲルの祖父母といえばアブエリータ。孫のミゲルにときに優しく、ときに厳しいお婆ちゃんでリヴェラ家の最年長。リヴェラ家のおきてや歴史について最も詳しい存在だ。

そんな彼女を演じるのはレニー・ヴィクター。TVドラマ「Weeds」に出演したことで知られるが、長年俳優業を休んでおり、これが久々のカムバックとなる。

5、ママ・ココ/アナ・オフェリア・ムルギア

ミゲルの曽祖母で、曽祖父に捨てられた女性がママ・ココ。原題も彼女の名前から来ているが、詳細は不明だ。

そんなママ・ココを演じるのは、メキシコ人女優のアナ・オフェリア・ムルギア。メキシコでは知る人ぞ知るベテラン女優で1960年代から現在にかけて長年活躍している大女優だ。

6、リー・アンクリッチ

本作の監督を務めるのがこの人、リー・アンクリッチ。「トイ・ストーリー」の頃からディズニーアニメ製作に携わり、「トイ・ストーリー2」、「モンスターズ・インク」、「ファインディング・ニモ」では共同監督を務めている。最近では「トイ・ストーリー3」で単独で監督を務め、今回も一人で指揮を執ることが決まっている。

>>リメンバー・ミーのあらすじ&ストーリーを徹底解説!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう