2016/12/28

実写版ジャングルブックの出演キャスト一覧

jungle

ディズニー映画「ジャングルブック」の実写版がついにアメリカで劇場公開された。その迫力満点の映像が早くも話題沸騰中でファンたちの間で絶賛されている。さて、本作には一体どんなキャストが出演するのだろうか。



スポンサーリンク


最近では「シンデレラ」、「マレフィセント」、「イントゥ・ザ・ウッズ」など実写版にもかなり力を入れているディズニー。その流れでついに「ジャングルブック」までライブアクションとしてスクリーンに帰ってきた。

ディズニー映画実写ランキング 公開済み&未公開作品一覧

まずは予告動画をどうぞ。

1、監督ジョン・ファヴロー

Jon_Favreau_Deauville_2014

監督には「アイアンマン」シリーズを手がけたジョン・ファヴローが起用されている。ジョン・ファヴロー監督といえば監督だけでなく脚本を書いたり、演者として自分の作品に出演することも多々あることから、今回もどこかのシーンで一瞬だけカメオ出演しているかも。

2、モーグリ/ニール・セシ君

niel

ジャングルでオオカミの一家に育てられたモーグリを演じるのは期待の新人子役ニール・セシ君(10歳)。ニール・セシ君はニューヨーク出身のインド系アメリカ人。

過去に一本だけ短編映画に出演したことがあるだけで、ほとんど演技は未経験といってもいいほど。それでもそのオーラと愛嬌溢れる可愛らしさからアメリカ、イギリス、ニュージーランド、カナダで行われたオーディションで何千人もの子供たちの中から、この役をゲットした。

モーグリを演じるに当たり、ニール・セシ君は「旧作を見て変えるようなことはしなかったです。自分の素を出しました。モーグリと僕はほとんど同じで、頑固で、エネルギッシュで、自信満々なところがあるんです」とインタビューにも堂々と答えている。これをきっかけに今後も映画界で大活躍しそうな予感。

 3、バルー/ビル・マーレイ

Baloo


楽観的で能天気なクマ、バルーを演じるのは、「ロスト・イン・トランスレーション」などでお馴染みの演技派俳優ビル・マーレイ。迫力のCG映像による大きなクマをビル・マーレイがどのように料理するのかに注目。ビル・マーレイといえばコメディー色の強い俳優。今回の役もコミカルな役だ。

Bill_Murray_by_Gage_Skidmore

 4、バギーラ/ベン・キングズレー

bage

赤ん坊だったモーグリを拾った黒ヒョウを演じるのはイギリス人ベテラン俳優のベン・キングズレー。主役、脇役、悪役となんでもこなす幅広い演技が定評の実力派俳優で、インドの英雄モハトマ・ガンジーを題材にした「ガンジー」の演技は圧巻。もちろんひと癖もふた癖もあるバギーラに仕上がっている。

Sir_Ben_Kingsley_2012

5、シア・カーン/イドリス・エルバ

shea


モーグリの命を狙うベンガルトラを演じるのはイギリス出身で「マンデラ 自由への長い道」でネルソン・マンデラを演じたことで知られている俳優イドリス・エルバ。代表作は米人気刑事ドラマ「THE WIRE/ザ・ワイヤー」。その強さと凶暴さからジャングルの動物たちに恐れられている存在だけに、かなりの悪役に徹している。

Idris_Elba_2014

6、カー/スカーレット・ヨハンソン

ka


目から発する催眠術が使えるニシキヘビ、カーに起用されたのはご存知大人気女優スカーレット・ヨハンソン。すでに人気はハリウッド界の国民的アイドルといってもいいほどでも、女優としての実力はいまだ未知数。ディズニーの世界で作品にどのように貢献できるかが注目されるが、今回は出番はワンシーンのみで脇役に徹している。

Scarlett_Johansson_SDCC_2013_by_Gage_Skidmore_1

7、キング・ルイ/クリストファー・ウォーケン

king

ジャングルのサルの王であるオランウータン、キング・ルイに抜擢されたのは大ベテラン俳優クリストファー・ウォーケン。代表作は「デンバーに死す時」、「バットマン リターンズ」、「ディア・ハンター」など。マフィアや悪役の印象が強いだけに、ャングルブックの物語でどんなオランウータンになるのかが見もの。本作では極悪ではないものの、しっかりと腹黒い役をこなしている。


200px-Christopher_Walken_at_the_2009_Tribeca_Film_Festival

8、ラクシャ/ルピタ・ニョンゴ

rakusha

モーグリの母親的存在のオオカミといえばラクシャ。実はこのキャラクターはディズニーアニメ版の「ジャングル・ブック」には登場しない。というのも名前がラクシャではなく、ルーリとして描かれているからだ。また、アニメ版ではほとんど女性キャストがいなかったことから、製作者側の意向で、ラクシャが重要な役を担うことに決まった。

そんなラクシャを演じるのは「それでも夜は明ける」でアカデミー賞助演女優賞を受賞したルピタ・ニョンゴ。演技が上手いのはもちろん「People」誌の選ぶ世界で最も美しい女性でもある彼女が本作では人間の子供モーグリに対して強い母性を発揮しているのに注目だ。

lupita

>>「ジャングルブック」はU-NEXTで視聴できます。

関連記事

ジャングルブック吹き替え声優キャスト一覧

実写版ジャングルブックの予告動画で英語の名言名セリフを勉強する

実写版ジャングルブックは面白いの?海外の感想&評価まとめ

ジャングルブックの7つのトリビア&丸秘裏話

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう