2017/04/23

映画実写版シンデレラ、衣装ドレスのトリビア

cinderella-2015

映画実写版「シンデレラ」でそのロマンチックなストーリーに多大な影響を与えたのがきらびやかな衣装だろう。特にエラが舞踏会で身にまとうブルーのドレスとキット王子との結婚式で着るウエディングドレスは女性なら一度は着てみたいと夢見るほどのドレスではないだろうか。今回はそのドレスの誕生秘話について紹介する。



スポンサーリンク


実写版「シンデレラ」の衣装を担当したのはサンディ・パウエル。イギリス出身のデザイナーでこれまでに『恋におちたシェイクスピア』、『アビエイター』、『ヴィクトリア女王 世紀の愛』でアカデミー衣裳デザイン賞を受賞している実力派だ。そんな彼女がシンデレラの衣装作りの際にイメージしたのは18、19世紀の世界観だという。

1、ブルードレス

特に苦労したのは舞踏会で起用されたブルードレス。物語の一番の見せ所となるシンデレラの登場シーンにこのブルードレスの輝きは欠かせない要素だった。

blue-ball-gown

このドレスをデザインするときにサンディ・パウエルは、シンデレラが走っているときにも美しく見えるように、水が流れるようなイメージと優雅さを出すことにこだわった。そのためにドレスには何重にもレイヤーを重ね、1万個以上のスワロフスキーのクリスタルを散りばめた。素材にはシルク、ナイロン、ポリエステルを使用。制作には実に500時間以上を費やした。

2、ウエディングドレス

wedding

もうひとつの目玉といえばラストの結婚式のシーンで使われたウエディングドレス。シルクで作られたこのドレスには花柄のデザインが採用されている。このドレスを舞踏会のドレスのように派手にしなかったのは、ドレスを通じてサンディ・パウエルが「王室の仲間入りをするシンデレラに謙虚でそしてピュアでい続けてもらいたかった」という願いを込めてのものだった。

実際、舞踏会のドレスを超えるものを作らなければといったプレッシャーがあり、制作は難航した。そして実に16人のデザイナーと550時間を費やして完成させたのが、ブルードレスとは全く違った、しかしシンプルなデザインを心がけたこのウエディングドレスだったのだ。

weddin2

>>シンデレラはU-NEXTで視聴できます

関連記事

シンデレラ実写版 海外の評価と反応まとめ

映画シンデレラ実写版は吹き替えで見るべきか字幕で見るべきか

シンデレラ実写版のキャスト一覧

映画実写版シンデレラがより面白くなる8つの裏話

映画実写版シンデレラ、サントラ曲名&歌手一覧

映画実写版シンデレラの予告動画で英語を勉強する

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう