シュガー・ラッシュ・オンラインのあらすじを徹底紹介

2018年12月21日に日本で公開されるウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオの長編アニメ「シュガー・ラッシュ:オンライン」。前作の「シュガー・ラッシュ」の続編となる本作は一体どんな物語なのか。ストーリーを紹介する。

まずは予告動画を見てみよう。

ディズニープリンセス共演シーン!『シュガー・ラッシュ:オンライン』日本版予告編

シュガー・ラッシュ:オンラインの筋書き

「シュガーラッシュ」の世界を壊そうとしていたターボからアーケードを守り抜いた大男ラルフは、元の世界へと帰っていった。

6年後、シュガー・ラッシュのアーケードが故障してしまう事故が起こる。シュガー・ラッシュの世界を修理するためにはある部品が必要だった。そこでラルフはヴァネロペを連れてWi-Fiルーターを通じてインターネットの世界へと入り込む。

それまではアーケードの世界にしかいなかったラルフが今度はハイテクの世界へと足を踏み入れたのだ。

そこにはアマゾン、フェイスブック、スナップチャット、グーグルなどお馴染みの企業があり、全てがハイテク技術に囲まれていた。

二人はネットの世界で新しいコスチュームやキャラクターたちと出会っていく。彼らはネットの住人ネチズンと呼ばれ、ネチズンは二人を案内してくれた。その中には人気サイト、バズチューブの社長であるイエスもいた。

ネットの世界にはディズニーのプリンセスたちはもちろん、マペット、スターウォーズ、マーベル、ピクサーのキャラクターたちの姿もあった。

ある日、ヴァネロペはプリンセスたちの部屋に迷い込んでしまい、モアナ、エルサ、シンデレラ、ジャスミン、ラプンツェル、メリダらと遭遇する。

>>シュガー・ラッシュ・オンラインの吹き替え声優キャストまとめ

>>シュガー・ラッシュ・オンラインの登場キャラクター総まとめ

>>シュガー・ラッシュ・オンラインのエンドソング「ゼロ」歌詞和訳

スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
シュガー・ラッシュ
ディズニーの秘密