塔の上のラプンツェル続編のネタバレ、ウェディングパーティー

wedding

ディズニーの大ヒット映画「塔の上のラプンツェル」に続編があるのをご存知だろうか。続編といっても長編映画ではなく、短編映画でラプンツェルとフリン・ライダーことユージーンの結婚式を描いたものだ。



スポンサーリンク


ストーリーはラプンツェルとユージーンが教会で指輪を交換しようとしていたまさにそのとき、二人の指輪を預かっていた馬のマキシマスとカメレオンのパスカルが大事な指輪を失くしてしまう。外に転がっていった二つの指輪を慌てて追いかけていったマキシマスとパスカルが結婚式の食事や飲み物を台無しにしながら、指輪を探して町中を走り回るというドタバタ劇だ。

途中マキシマスが”女装”をしたり、パスカルが氷に舌をくっつけて離れなくなったり、と笑いどころが満載。フライパンで顔を次々と叩かれるマキシマスの変顔の下りでは爆笑必至だ。

最後は無事に指輪を持ってきたマキシマスとパスカルだったが、二人のぼろぼろの姿を見て新郎新婦はドン引き。それでもなんとか結婚式が上手くいったかと思ったら、最後にまたマキシマスがウェディングケーキを落としてしまうというオチで幕を閉じる。最初から最後まで目の話せないスーピーディーな展開で大いに笑わせてくれるだろう。なお、上映時間はわずか6分程度。「塔の上のラプンツェル」の続編、「ラプンツェルのウェディング」は、「シンデレラ ダイヤモンド・コレクション」にボーナスコンテンツとして収録されているのでぜひ見ておこう。